×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








それは厳かに地に下りた。

星の光を降ろし、輝く真なる聖剣。

鞘なる風が暗雲とした気を押し流し、その威風を周囲に知らしめる。

輝きはとどまる事を知らず強さを増し、大地を白く染め上げた。

闇すら押し返し広がるそれを例えるならば、偽りの白夜。

漆黒の夜をしても引けを取らず、明日が来たと、指し示すが様に。









「―――宝具」

色あせた黄の瞳が、細められる。

眩い黄金の輝きの奥。
そこでは、瞳を閉じた少女により、星を降ろす儀式が行われている。

エクスカリバー。

人々の想念によって生まれ、星によって鍛えられた最強の幻想。
その尊き思いは、空想にありながら聖剣におき頂点とされる。
放たれる“斬撃”はあらゆるものを切断し、地上をなぎ払う神造兵器。

そう、それは最早人が起こせるものではなく、天災と言える程の究極の宝具。

それを目の前にした者は、嵐の前の波打ち際を想像するだろう。
何か、絶大でどうしようもないモノが、目の前に迫っていると。

まさに、究極の一撃。
それを前にして人がどうこうできるものではない、人知を超えた事象。

―――だが、

「それで私を倒せると、本気で思っているわけではないだろうな」

音が、消える。

黒き剣が光を放ち、周囲の全てを飲み込んでいく。
漆黒の極光。
禍々しい輝きは、生まれた白い光を食い尽くすが如く圧力を増す。

白と黒の光。

全く逆の性質でありながらも、その輝きは酷く相似している。

語るべくもない。
これもまた、星に鍛えられた究極の幻想。
エクスカリバーに他ならないのだから。

だが、その輝きは明らかに黒き極光が強い。

「先程の小細工があってか、確かにそれならば一度限りの宝具は発動できるだろう。
 しかし、お前がどう魔力を手に入れようが、私には無限に近い供給がある。
 その差は語るまでもなく、歴然な事実であろう」

それは既に、何度か剣を合わせた時点で互いに理解している事。
同じ性能ならば、量の差が結果を生み出す。
故に、もはやどう足掻いても勝敗は決まっているのだ。

「これでは余りにもあっさりと終わってしまう。
 消耗を抑え、一秒でも長く生きる選択が正しいのではないのか?」

そうでなければ、つまらない。
求めているのは勝利ではなく、ただの憂さ晴らし。
彼女を絶望の淵に落とし、惨たらしくも無残に死に至らしめなくては、意味がないのだから。

だが、その言葉にもセイバーは揺らがない。
ただ剣を前へと掲げ、編み上げるが如く正確に光を束ねている。

そもそも、エクスカリバーの起動にこれ程の時間はかからない。

数え切れないほどの戦場を共にしてきたこの剣は、我が身が如く扱える。
魔力さえあれば、たった一呼吸で発動することすら可能な程だ。

「・・・そうか」

心底、残念な声が口から流れ出た。

つまりは、この一撃に全てを賭けるという事。
緻密な構築も、毛先の穴さえ見せない収束も、その全てがこれを最後にするという意思表示であった。

それは、酷く残念な事だ。
復讐にもならない、自らのエゴで押し潰す楽しみが、これで終わってしまう。
この地、この時に呼び出され、それだけを自身の存在意義としたというのに。

ならばせめて、一抹の希望すら叩き伏せ、最後の喜悦を感じよう。

―――――黒き極光は、その臨界を迎えつつあった。

















一つ、一つ。
毛糸を編み上げるかのように繊細に、魔力を束ね、剣を制御し、宝具の真なる姿を開放する。

これ程までに、宝具の起動準備に時間を費やした事はない。
通常の戦闘においては、相手はそのような時間を与えてはくれないだろう。
戦争においても、迅速な行動にこそ勝利の結果が訪れる。

だが、これは戦闘ではなく私闘。
そして戦争ではなく、ただの暴力に過ぎないのだ。
尊厳の鬩ぎ合いではなく、名誉の証明ではなく、栄光は得られない。

だからこそ、この一撃に不足や余分はない。
魔力の通わぬ場所など微塵の余地すら残さず、繊細に極限を作り上げる。

勝利の確信や、決定的な危機でもないのに、全精力を篭めた一撃を放つ。
そんな事は後先を考えていない、愚者のする事だろう。

いや、彼女から借り受けた宝石たくわえは一つ。
サーヴァント同士の決着に、宝具が使われない戦いなどありえないのだ。
どの道、遅いか早いかだけで、後はなどない。

ならば、この一瞬に全てを賭ける。

「最後だ」

白い閃光と、黒き極光が、一際強い輝きを放つ。

互いに、臨界点を超えた。

「その身が蒸発する前に、彼に残す言葉はあるか」

淀んだ瞳が、冷徹に問いかける。

それは慈悲ではない。
私の死をシロウに伝え、その悲しみを悦ぶ為のスパイス。
ここで私が死ねば、止まらない狂気が襲う先は彼という事か。

「ない」

だがそれを、真っ向から切り落とす。

「ほう、それは勝利の確信があっての故か」

もちろん、彼女には必ず打ち勝つ。

「いや、そうではない」

なにしろ相手は彼なのだ。
あの鈍感で唐変木に、伝言などしても意味がない。

「シロウに心から伝えたい事など、口では言っても伝わりはしない」

信頼と、親愛の情を篭めて、胸を張って言い放った。














それは己が身を呪うが故の嫉妬か。

魔力以上に殺気は膨れ上がり、その黒き光を掲げた。






「―――――約束されたエクス






狂気も、怒りもただ受け流し、白き光を掲げる。

我が心のうちは、止水が如く静かに澄み切っていた。

たとえ終末の風が訪れようとも、決して揺らぐことのない湖の様に。

たとえ絶望の嵐が訪れようとも、決して犯すことのできない尊き島の様に。






「―――――約束されたエクス






負けられない。

いや、負けようがないではないか。

・・・私が、彼のサーヴァントとなり、信頼を受けているのに、勝利を得られない筈がない!






勝利の剣カリバー―――――!!!』






二つの声が真名を紡ぎ、目の前が真っ白に染まる。

空を切りさかん程の極大な斬撃。

それは互いに進行し、互いに襲い掛かり、





――――数秒と待たず、視界が黒き光に埋まった。















戦場から白が消えていき、黒い極光が世界を覆い潰していく。
未だ剣から流れ出る光の奔流は大地を削り、災害を際限なく広げていく。

剣を降ろすまでもなく、もはや決着はついた。
あの白い光も、拮抗はしても数秒と言わずに消えうせるだろう。
同じ聖剣である以上、扱う者の魔力量がものを言う。
この結果は、やらずとも最初から分かっていた事なのだ。

――――だが、この剣は降ろすにはまだ速い。

自分自身の事だ、セイバーの性格は理解している。
アレは騎士であるが故、戦いには全力を尽くす。
だが、勝てないと分かっている相手に自ら攻め込むような馬鹿ではない。
戦う時は、常に勝利を見て。
宝具を放つということは、それを放つ必要性を冷静に考察して。

アレは、宝具同士の打ち合いで負けるという事を知りながら、自らそれを引き起こした。
現実、黒き斬撃は白を押し戻していき、消滅しかけている。
ならば、この一撃は次の攻撃への目くらまし。
そして正面から受ける事などはできないのだから、回避してからとなる筈。

通常、対城宝具であるエクスカリバーの余波を躱しきるなど不可能ではある。
しかし、それは私の知らない“回避方法”があると考えた方がよい。

だとしたら、追撃はすぐに来る。

未だ光を放つ剣はその余波で腕を揺らす。
宝具という最大の一撃を放っている今は、そうが故に最大の隙を見せているのだ。

破壊衝動で鈍る直感を研ぎ澄まし、死角の全てに神経を廻す。
例え、超高速で背後から迫ろうとも、今の自身ならば目もくれず切り捨てることができる。

悦びが体を満たしていく。
完璧なまでの勝利の獲得と、どうにもならないという絶望を与えられるという事実に。

・・・白き光が消えていく。

左右、そして背後からも現れない襲撃者に、実はもう倒してしまったのではないかという虚無感が過ぎる。




――――ぁぁぁ!




いや、来ている。
確かに、相手はこちらへと攻め込んでいる。
隙を突く筈の一撃だと言うのに、愚かにも声を張り上げて駆け抜けている。

だが、どこにいるかは未だ掴めない。

左方ではない、右方ではない、背後でもなければ、上空でもない。
もしやと思って地の底すら探るが、そこにすら彼女の気配は感じられない。




「―――ぁぁぁああああ!」





声が、直ぐ傍までに響く。

それは、最初に否定したありえない方向からの、、、、、、、、、、突進。






「ああああああああああっ!!」






前方に広がる、黒き極光の輝き。

その中に一点、白き輝きをまとう、眩い閃光が視界に移りこんだ。






















宝具を放ち、それが黒い極光に飲まれるのを確認した直後、地を蹴って前へと駆け出した、、、、、、、、

風は荒れ狂い、光は地を削り、熱は大気を浸食していく。
その災害の様な一撃の中へ、身を投じる。
それは余りにも愚かしく、救いようのない行為。

風は身を刻み、光は目を焼き、熱は意識をも溶かしていく。
もはや助からない、これを前にして、生き残る法など存在しない。

――― 一つの例外を除いて。

腕を、前へと掲げる。
藁をつかむ愚者の様に、神に助けを請う様に。
だが、それは縋り付きでもなければ、祈りでもない。

絶対の信頼と、揺れぬ心の証明。

その決意を覇気へと変えて、絶対にして不可侵の鞘を開放する!






「―――全て遠き理想郷アヴァロン―――!!!」






現れた鞘は数百のパーツへと分解され、外界の全ての干渉を遮断する。
それはエクスカリバーの斬撃であれ、例外ではない。
否、その剣の鞘であるアヴァロンが、剣を収める事ができない筈がないのだから。












黒き極光を潜り抜け、白の光が迫り来る。

動揺は、隠しきれようがなかった。

何故、失った鞘がここにあるのか。
何故、それをセイバーが手に入れているのか。

それを答えてくれる者などおらず、時間は止まる事無く、過ぎていく。

「ああああああああああ!」

光が溢れ出る。
それは頭上から舞い降りるかのように振り落とされ、私を両断しようと迫り来た。

動揺は消えず、だが体だけは抜かりなく動く。

――――ギィン!

防いだ。
防げて、しまった。

魔力の差がある、相手の消耗があるといっても、防ぐことができた。
ならば、勝利はこちらのものだ。
過程に意外性があったとはいえ、結局は相手に追撃をする力はなかったのだ。

セイバーに剣を握る力すら残されていなかったのか、弾かれたそれは闇の中へと飛んでいく。
もはや剣もなく、鞘があろうともそれを維持する力すらないだろう。

・・・・ここに勝敗は決した。

視線を下ろし、未だ剣を振り下ろしたままに固まっているセイバーの姿を見やると、




――――その手には、黄金の剣が。






「―――勝利すべき黄金の剣カリバーン―――!!!」







視界を埋め尽くす黄金の光。

黒き剣士は、驚愕することも出来ず、ただ惚けたようにその身を断たれた。



















嵐が過ぎ去ったが如く、場からは全ての音が消え去っていた。
ぼろぼろになった身体、抉り断層を描く大地。
先程に起こった事が幻影だったかのように、その静寂は場を満たす。

「・・・何故・・・」

搾り出すような、それでいながら決して聞き逃せぬ怒りの声が、足元から流れ出た。

「・・・何故・・・だ。
 何故、失った鞘がここにある。
 何故、失った剣を持っている。
 ―――何故っ、不滅たるそれが崩れていく!」

黒き剣士の言葉の通りに、私が手にしている剣と鞘は幻の様に崩れ去っていく。
そう時間を待つ事はなく、それらは初めから無かったかのように、大気へと溶けていった。

「・・・これはシロウが作り出した、投影品。
 彼等はその役を果たし、消えていったに過ぎない」

ほんの数時間前の光景が蘇る。

話せる限りの事情を口にした。
エクスカリバーという宝具、アーサーという真名。
第四回の聖杯によって引き起こされた事実に、衛宮切継という当時のマスター。

それを彼は驚き、傷つきながらも、静かに聞き、受け入れてくれた。

そして、たった一つの我侭。
アヴァロンの投影という願いを、彼は受けてくれた。

彼がその存在をしらなくとも、それ自体は彼の体の中にある。
私が魔力を送り、活性を促し、その姿を思い描けば、彼は“形にする”だけで投影は完成する。
そしてその思惑通りに、鞘は幻想を形に成した。

彼は自分の鞘に気づく事はあっても、事実は知らない。
この先も、誰かが口にしない限りは、その存在に気づくことはないだろう。

消耗し、汗を大量に流しながら荒い息を繰り返す彼は、何も無い手をただ静かに見つめていた。

『セイバー。もう一つだけ、投影してみたいものがある』

そうして私に手渡したのは、黄金の剣。
王を選定した剣にして、永遠に失われた筈の聖なる剣。

受け取る時に、躊躇が無かった訳ではない。
これを失った時とは、すなわちアーサー王が騎士道に反した時に他ならない。

だが、私はそれを受け取った。
選定の剣が、果たしてどちらを選ぶのか。
その問いを、今こうしてカリバーンは答えてくれた。

「シロウの・・・投影・・・?」

黒き剣士は、不思議そうに消えていったそれらを見つめる。
しばらくそうしていたかと思うと、力を抜き、長いため息をついた。

「・・・ならば私はまた・・・シロウに、殺されたと・・・いうわけか」

「・・・シロウに、だと? どういう意味だ」

聞き逃せない言葉に、強く問い詰める。
だが、もはや聴覚は働いていないのか、黒き剣士は消え行くような小さい声で、一人呟き続ける。

「・・・全く。・・・何もできない・・・かと、思えば・・・貴方はまた・・・否定、するのですね。
 本当に・・・本当に、厳しいマスター・・・で・・・
 もう一度・・・貴方の―――――」

消えていく。
体は薄れ、言葉は空に溶けていく。

結局、最後の言葉すら残せる事無く、黒き剣士は大気へと消失していった。

「・・・・・・・」

彼女の世界で、何があったかなど私には分からない。

それがどんな悲しみで、苦しみであったとしても、理解することはもはやできない。

どの道、否定し、破壊する事しかできない体へと堕ちてしまったのだから。






シロウの元へ、行かなければならない。

頼りない足を動かして、鈍足ながらも歩みを進める。

・・・最後に、濡らされた小さな黒い点を、瞳に残して。






前へ / 戻る /  次へ