×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








「なにをしている」

教会に荘厳な声が響く。

聞くものが聞けば、彼の取り巻く雰囲気も手伝い、神父としての彼に全幅の信頼を寄せるだろう。

そして聞くものが聞けば、自分自身からその傷、罪を吐き暴く事だろう。

例えどんな喧騒であれ聞き逃す事はない。

いや、聞き逃す事などできない、その様な声だ。

声の主である言峰綺礼は、教会を後にしようとしている男に声をかけていた。

「お前の出番はまだ後だといったであろう。
 特に今回の聖杯戦争は異質だ。
 状況を把握するまで、動くべきではない」

誰もが立ち止まり、中身を暴かれる厳粛な音。

それをあろう事か聞き流していた男は、そこで初めて言峰綺礼へと振り返った。




その青年は、異質であった。

体系は中肉中背で整った顔立ちではある。

この地で起きている聖杯戦争と比べるならば、妙と言える程の点はない。

だが、その身に纏うナニカ。

神父以上の重圧を持った男は、この町に存在する誰よりも異質だった。

その青年は、やはり神父に臆する事もなく口を開く。

「・・・・・散歩、だと?
 ランサーの消息が掴めんという事は、とうに話したであろう。
 そして先程あった痛み。
 不確定要素が多い、場が整うまで―――」

返された言葉に眉をひそめ、再び語りかける。

だが言葉は最後まで紡がれる事はなく、バタン、と扉は閉じられた。

青年は止まらない。

否、止める事などできない。

それができる筈の神父でさえ、その選択肢は用意されていないのだ。



重苦しい灯りの下、青年を見送るように立ち続ける神父が、一人教会に残されていた。























――――――――<歪む鏡>――――――――





























坂道を降りて、十字路に出る。
月明かりすらない夜の道には、誰一人とて姿は確認できない。
まだ深夜に入ったばかりだというのに、住宅街は異状な程ひっそりとしていた。

「・・・おかしい」

「ええ、余りにも静か過ぎる」

呟きに、俺と同じく険しい顔をしたセイバーが口を開く。

「どの家にも、人の気配があります。
 しかし、活気どころか生気すら感じられない」

今の世間が物騒だからといえ、ここまで世界が静かになる事はない。
家の中は、少なくとも本人達にとって安全地帯だから。

ただの偶然で、民家全ての人間が一度に就寝する筈はない。
だが、今迄コレと同じような事態が発生していた。

「キャスターの時と同じか」

「はい、精力を吸われ、全ての人々が気づかずに疲弊している。
 そういう点ではキャスターの手法と同じですが・・・これは余りに範囲が広い。
 人間どころか、動物、木々、宙にある太源さえ貪欲に吸われている」

微かだが、じわじわと奪われていく魔力。
いかに注意深く調べても、気づくほどの出来ない流れ。
例えるなら自分を襲う波が巨大すぎて、近くにいる自分はそれを把握できないようなものだ。
キャスターの時なんかより性質が悪い。
これならば誰もが弱っていることに気づかず、おかしいと思った時には死に至るだろう。

「行こう、セイバー。
 こんな事は早く止めなくちゃならない」

「はい。ですが士郎、凛の言った事を忘れないように。
 この相手は酷く性質が悪い。
 力こそ感じないものの、侮れるものでは、」

セイバーの言葉が、風切り音で途切れる。
目の前にある道路に異変がある。
道路そのものに異変があるわけではない。

交差する道路の中心に、細長いナニカが突き刺さっている。

「・・・矢?」

それは一本の矢。
未だ小さく震えている所を見ると、今しがた放たれたばかりの物だろう。

突き刺さった矢を見れば、自ずと放たれた方向も分かる。
通ったであろう射線を、目でなぞる。

その先に、赤き背中が去っていくのが見えた。

・・・そんな筈はない、あいつは遠坂と一緒に間桐の家へ向かって行った。
去って行った者の行く先は、新都へ、公園へ繋がる道。
それにあいつが、こんな・・・俺達を誘っているようなマネを、何故する必要があるというのだ。

「今のは・・・いえ、そんな筈は・・・
 しかし、確かに・・・」

セイバーの様子がおかしい。
何かありえないものを見たかの様に、呆然として立ち尽くしている。

「セイバー?」

「っ、シロウ、予定は変更です。
 彼を追います!」

そう言って、二の句も告げずに走り出すセイバー。
彼女らしくもなく、かなりの動揺が見て取れる。

「おい、ちょっと待て!」

事情は掴めないが、あんな状態の彼女を放っておくわけにはいかない。
何か嫌な予感を感じつつも、足に力を入れて全力で追いかけた。















遅れて公園に辿り着りつく。
そこにはセイバーの姿と、やはりもう一人の男が立っている。

「何故だ・・・何故貴方がここにいる」

セイバーが動揺している。
余裕の無い声は、心底驚愕しているという事を表していた。

俺もやっとの事でセイバーの横に立ち、相手の姿を確認する。

鋼の如く鍛えられた肉体、はためく赤き外套。
その姿は、確かに遠坂凛のサーヴァント、弓の騎士、アーチャーに他ならない。

「おい、何だってお前ここにいるんだ。
 遠坂と間桐の家に向かったんじゃないのか?」

今の声で初めて気づいたように、こちらへと視線を変えるアーチャー。

―――違和感がある。
よく見れば俺の知っているアーチャーよりも肌は黒く、対照的に赤さの残っていた髪は完璧な白だ。
そしてなにより、俺を見る目が違う。
体中が警告する。
あれは俺の知っているアーチャーではない、打倒するべき敵だと。

「答えろ、アーチャー!
 この世界には既に、"アーチャー"は召喚されている。
 貴方がここに召喚される筈は無い!」

セイバーが声を張り上げる。
口ぶりからすれば、彼女はあの"アーチャー"を知っている。
そしていつの間にか構えた見えない剣が、あれを味方として判断していないという事が分かる。

「・・・様子からすれば、私の事は覚えているようだな。
 とすれば、君は私達の戦いを見たという事か」

「質問しているのは此方だ。
 答えぬというのならば、力ずくで口を割る」

セイバーから強い風が流れ出す。
帯電する魔力は、発言が本気であるという事を強調付けていた。

それにも関わらず、アーチャーの反応は肩を竦めるだけ。
目の前にある魔力の猛りをまるで意に介していない。
あくまでも気楽に、体を横へとずらし、

「勘違いをするな、君の相手は私ではない」

がちゃり、という鋼の音を鳴らして、一つの人影を迎え入れた。



風が、止む。



現れた人物は、重装備な鎧で身を固めた騎士。
酷く小柄な体躯に対して、黒き甲冑は不釣合いだ。
しかし、歪で恐ろしさを感じる武装だが、その禍々しさは鎧よりも、むしろ彼女自身の気配の方が上である。

そう、彼女、女性だ。
それは少女にしか見えない程に小柄で、どう見ても戦えるようには見えない人物だった。

そう、まるで俺の隣に居る騎士の様に。

「セイバー、あいつは・・・」

仮面で相手の顔まで分からないが、あれが別人とは思えない。
混乱した頭でセイバーへと顔を向ける。

「・・・・・」

言葉もない、とはこの事か。
剣を構えたまま凝固し、動かない。
いや、僅かながらに鎧が音を鳴らしている。
カタカタ、カタカタと小さく。

顔は真っ青になって土気色。
唇は震えて、激しい寒さに凍えているようだ。

いや、寒さなどではない。
ランサー、アーチャーとの激しい戦いをし、バーサーカーという規格外の化け物を相手にしても毅然としていた。
その彼女が、目の前にいるたった一人の者に――――『恐怖』・・・している。

「声も出んか、仕方あるまい。
 しかし待ってやる道理はないな。
 ・・・始めよう、『セイバー』」

アーチャーと同じ姿をした男は、隣にいるセイバー、、、、、、、に語りかけた。
それに答え、黒き騎士が剣を構える。
赤き文様の描かれた、恐ろしいまでの魔力を持つ黒き剣。
あれは・・・

―――― ガシャ!

此方の思考を遮る様に、黒き騎士が屈み込み、俺達へと向かって弾け飛んだ。

「っ! シロウ、下がってく、」

―――― ズ、ドン!

爆発が起きたような衝撃と共に、俺を庇って前へ出たセイバーが吹き飛ばされる。
剣を構えてしっかりと受けたというのに、トラックにでも当たった様に弾かれていった。
黒き騎士は俺には目もくれず、吹き飛ばしたセイバーへと追撃をかける。

セイバーを助けなくては。
振り向いて追いかけようとして、足が言う事を聞かずに立ち止まった。

「その通りだ衛宮士郎。
 お前に彼女を気にかける暇などない」

冷たく、厳格な声で、アーチャーが歩き出している。
両手にはアーチャーが使っていた物と同じ、黒と白の夫婦剣。
鷹の様な双眸が見る先には、確かに俺がいた。

持っていた竹刀袋から、木刀を取り出す。

「――――― 同調トレース開始オン

全ての過程を吹っ飛ばして、強化をこなす。
魔術は淀みなく成功し、木刀は鋼を超える強度を手に入れた。

うまくいった。
数秒とかからず成功するとは、俺はそれなりに成長しているらしい。

だが、こんな棒キレが何の役に立つというのか。

俺の強化を見て、男は眉をひそめる。
侮辱するでもなく、嘲笑するでもなく。
ただ諌めるように木刀を、いや、完成した強化を睨む。

「なんだそれは?」

再び口を開くアーチャー。
その中にはやはり他意はなく、言葉通りの意味で言われたようだ。

「・・・ふむ、まだ気が付いてないか」

「?」

こいつが言う事は、どうにも理解できない。
呆れた様に項垂れ、何か別の物を待っていたかのように嘆息を付く。

すると、凝視していたというのに、視界から男が消えた。

体へと迫る死の気配。
訓練で鍛え上げられた感覚が激しく警鐘を鳴らす。
やばい、相手がどこにいるか全く分からないが、ここにいるのだけは絶対にやばい。
下がれ、逃げろ逃げろ逃げろニゲロ!!
一刻も早く地を蹴ってこの場所から離れるんだ・・・・!

「―――ぐがっ!」

後方へと地面を蹴った俺に、叩き落すかのような蹴りがわき腹に入った。
その通りに地面へと叩きつけられ、ゴロゴロと転がりながら体中に擦り傷を作る。
何とか回転が止まり、顔を上げた先にはゆっくりと歩き出している赤き騎士の姿。

「ぐぶ、っげほ」

大量の吐血を地面に撒き散らせる。
洒落になっていない。
アイツは本気だ。
もう一度食らえば、今度は背骨ごと折られてしまう。

男の足が目の前で止まる。
見下ろす瞳には、どんな感情も読み取る事はできない。

ぶるぶると震える足を押さえつけ、何とか立ち上がる。
男はなんのつもりか、動き出す様子はない。
逃げるにしろ戦うにしろ、今以上のチャンスはない・・・!

「あぁぁぁああああ!」

木刀を両手で掴み、振り下ろす。
やはり男は動き出さず、木刀は顔面へと振り下ろされ、

――― 気づけば、宙を浮いていた。

「っが!」

再び地面へと叩きつけられ、背中を盛大に擦る。
頬が焼けるように痛い。
殴られて、地面に叩きつけられてから、ようやくその事実に気いた。

カラン、と遠くで乾いた音がする。
途中で断たれた木刀が、時間差で地に落ちたのだ。

――― ズン!

爆発音が響いた。
殴られた顔面は腫れあがり、片目は開くことすらできない。
少なくなった視界の中を必死に探して、音の鳴った方を見た。

その先には、綺麗な血を空に撒き散らした少女の姿。

「セイバー!」

無残に、地面へと叩きつけられる。
肩から袈裟切りにされ、傷から溢れた血がじわじわと地面を染め広げていく。

その光景を見て、体の痛みなんて忘れてしまった。

「おい、テメエ! いい加減にしやがれ!」

逆上して、黒き騎士の横顔へ声を張り上げる。
だが、まるで耳に入らなかったかのように、俺を無視してセイバーへと歩きだす。
もちろん、止めを刺す為に。

「おい、止めろって―――っ」

立ち上がろうとして、倒れる。
何度も足に力を入れようとして、失敗する。
腿を見て納得する。
―――なんだ、足の腱を切り裂かれていたのか。

「くそ! 止めろ、って言ってんだろう!」

木刀の切れ残った部分を投げつける。
狙いはたがわずコメカミへと当たり、黒い騎士の頭を小さく揺らす。
が、その程度では立ち止まる事すらせず、ただ目を隠していた仮面が外れたのみだった。

「――――!」

素顔を見せられ、絶句する。
あれは確かにセイバーだ。
肌は白く、黄色く濁った瞳は生気を感じさせなかったが、瓜二つと言えるほど同じだった。
だが違う。
あの黒き騎士は、俺に剣を預け、共に戦ってくれた彼女ではないと断言できる。

・・・セイバーは動かない。
気を失っているのか、ここからでは呼吸しているのかも把握することは出来なかった。

黒き騎士は容赦なく歩みを進める。
あれはセイバーを殺す。
俺の脚は使えない、木刀を強化したところでは届かない、彼女を助けられない。

セイバーが死ぬ。
俺のことを心配してくれて、一生懸命戦ってくれた彼女が。
未熟な俺に付き合って、笑いかけてくれた彼女が。

・・・そんな事は容認できない、認められない、許すことなんてできない!

だがどうすればいい。
衛宮士郎には何にも残されていない。




――――無いのならば創り上げる。
       届かないのであれば超えるものを用意する。




俺に残った、もう一つの魔術。

「――――― 投影トレース開始オン

―――創造の理念を鑑定し、
     基本となる骨子を想定し、
     構成された材質を複製し――――

パン、と何かが弾ける音がする。
限界に負けた血管が破れでもしたのだろう。

―――製作に及ぶ技術を模倣し、
     成長に至る経験に共感し、
     蓄積された年月を再現する。

体中が悲鳴をあげる。
無茶な魔術の代償を警告するように、激痛が頭を突き抜ける。

集中しろ、出来ない事はない、 目の前にある物を作れない筈がない、、、、、、、、、、、、、、、、

「っがぁあああああ!」

鋼の感触が手のひらに掴まれる。
確認する暇など無い、後はそのまま手に出来た重みをぶん投げる!

「!」

―――― ッギン!

黒い騎士が初めて反応し、投げ放ったそれを弾き返す。
あらぬ方向へ飛んでいった白き短剣は、その一撃で割れ砕け散った。

沈んだ瞳が、俺の姿を見据える。
俺という存在を初めて意識したように、セイバーのみに絞っていた殺意を俺に向けた。

・・・こちらと言えば、今にも意識を失いそうだ。

余りの激痛で、目の前が、何度も真っ白になる。
くそ、もう持ちそうもない。
どの道黒い騎士は、邪魔者である俺を先に殺すつもりらしい。
最後に令呪をつかって、セイバーだけでも逃がす。遠坂ならきっと契約して・・・

「待て、セイバー」

断線しかけた意識の中に、赤い騎士の声が入り込む。
アイツの声を聞くたびに、激痛が酷くなっているような気がする。

「邪魔をするな。
 止めるならば、貴方とて斬るぞ」

「相手が違うのではないかな。
 君の目的は彼女であろう。
 この男を切り殺せば、君は余りにも救われん」 

黒い騎士の歩みが止まる。
っ―――、ダメだ。もう、意識が・・・

「それに彼女を殺すにしても、この様にあっけなくては君の気も済むまい。
 まだ時間はある。
 相応しい時まで待つべきだと思うが」

「・・・・・」

「どの道ここにいれば、我らとて只では済まない。
 退くぞ、その怨念は柳洞寺で晴らすがいい」

・・・・微かに生き残っている意識で、会話を聞き取る。
そしてその意識も、二人が去ると同時に闇へと没した。

あの赤き騎士の姿を、脳に焼き付けて。






前へ / 戻る /  次へ