×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








「リ・・・こほん。
 ジャグラー、帰っていたのですね」

剣の鍛錬が終わり、昼食をとり終えた午後。
居間で用意されたお茶と菓子で休みを取っていた私達の前に、彼女が現れた。

「今丁度、ね。他のは?」

「シロウでしたら凛の授業を受けに、アーチャーでしたらいつも通り屋根の上です」

イリヤスフィール―――そろそろ慣れなくてはならない。
イリヤといえば、私に付き合って茶を飲んでいる。
ちなみに緑茶ではない。

「ふうん・・・好都合ね」

ジャグラーが笑みを浮かべる。
見るものが見れば気づくモノだが、何かを企んでいる邪悪な表情だ。

「二人とも、ちょっと手伝ってくれない?」

「手伝いって、何よ。
 言っておくけど戦いならする気はないし、実験にも付き合わないわよ?」

イリヤもまた何かを感じたのか、有無を言わさぬ口調で答える。
するとジャグラーは笑みから邪悪さを消して、それを否定した。

「そんなんじゃないわよ。
 ちょっとした前準備に手を貸してもらうだけ」

気軽に言った彼女の手には、白い紙袋があった。
確か家を出ようとしていた時には持っていなかった記憶がある。
魔力を感じるでもないが、ずいぶんとかさばっているように見えた。

「ジャグラー、それは?」

「ああ、これ?」

ひょいと、片手で軽く扱う。
大した重さはないようで、量の割には軽いようだ。

「ま、すぐに分かるわ。
 ―――後のお楽しみ、って事にして置きなさい」























――――――――<史上空前の戦い>――――――――





























「よお、マスター」

今まで気軽についてきた男が、ここに着いて口調を真剣なものに変えた。
すでに実体を持たせているため、月の光がその服をさらに青く染める。

「何かしら」

「オレを連れてきたって事は、これからどんな事が起こるかわかっているつもりだ。
 そいつにゃあ反対はねえし、むしろ望んで付き合う。
 だがよ、一つだけ聞きてえ事があるんだが」

ランサーが目の前を見上げる。
釣られて見た先には、

「キャスターの巣に、二人だけで攻め込む気か?」

入り口までの長き道を導く、柳洞寺への階段が続いていた。

「ええ、そうよ。
 他に何か質問は?」

言いながら、階段に足をかける。
そしてわたしに付き合うように、同じく上り始めるランサー。

「じゃあ聞くがよ、何でオレを連れて来た?」

「ここに居るサーヴァントは二人。
 一人はわたし、もう一人を貴方に任せる為」

「セイバーやアーチャーではなく、何故オレなんだ?」

「一応二人ともわたしのサーヴァントじゃないし、そう何度も連れ出せないわ。
 それに聖杯戦争でマスターがサーヴァントを連れ歩くのは当然の事じゃない」

「・・・最後だ。
 お前も魔術師なら、キャスターが何をやっているかくらい気づいているだろう。
 無尽蔵に近い魔力を保有している相手に、どうして二人だけで来たんだ?」

あまりにも当たり前すぎる彼の問いに、笑みを浮かべる。
そう、わたし達は作戦を立ててここにいる訳でもなく、打ち合わせすらせず殴りこみに来たのだ。
そしてランサーも実のところは、魔術に秀でている人間。
わたしの実力、魔力量を見て、戦力差を理解している。
つまりはそう、今のキャスター相手に挑むには、なんらかの策か複数の味方が必要だと。

だがソレは大した問題ではない。
なぜならば、

「簡単な事よ、ランサー。
 ―――キャスターと戦うのは、わたし一人で十分だからよ」

わたしの絶対の自信に、彼の動きが止まる。
数秒の間そうした後、堪えきれないように快活に笑い出した。

「いや、流石オレのマスターだ!
 いいねえ、ますます気に入ったぜ!」

喜んでいる彼には取り合わず、わたしは再び上り始める。
それに随分と気をよくしたランサーもついてくる。

「勇ましい所を見せてもらって悪いがよ、そうすんなりは行かないと思うぜ。
 ここの入り口、門には―――」


――― ああ、この場所を守護する私がいるからな。


風が過ぎ去った様に、流麗な声が響き渡る。

柳洞寺の入り口、山門の下に一人の侍がいる。
長き髪を流し、雅な着物を着こなし、長すぎる日本刀を持つ男。
そこに、柳洞寺の守り手にして最強の剣士がいた。






「夜分に男女の連れ添い・・・にしては些か物騒だな。
 逢引という訳でもなかろう、用向きを聞こうか」

「悪いけど貴方に用はないわ。
 わたしの目的は中に居る魔女。
 できれば素直にそこを通してくださらないかしら」

「ふむ、聞き遂げたい所ではあるが、なにぶんしがない門番でな。
 主に話を通す事すら儘ならぬ」

自重するような笑み。
が、そこには主に従うような殊勝さというより、ふてぶてしい態度しか伺えないが。

まあ、それはともかく。

「じゃあここを通るには」

「ああ、遺憾ではあるが私を倒してもらわんとな」

「何が遺憾なんだか・・・
 とりあえず、こういう事よ、ランサー」

そう言って振り返る。
する珍しい事に、あのランサーが大人しく黙り込んでいた。
戦いになるというのに覇気を見せることもなく、乗り気ではなさそうに突っ立っている。

「どうしたのよ。
 分からないなら言うけど、アサシンはアンタに任せる、って言ってるのよ?」

「いや、それくらいは理解してるがな。
 よりにもよって相手がコイツだってのが・・・・」

ランサーが珍しく、弱気な事を言っている。
いや、怖気つくというよりも、嫌がっているという表現が正しいか。

「正直戦わずに済むならそうしてえくらいだ。
 苦手っつーか、マトモにやりあえるとも思えねえしな。
 どうせやるならセイバー辺りにして欲しかったんだがね」

「ふむ、気が合うな。
 私もまみえるのならば、相手は剣士を望むところだ。
 先日最中にて尻尾を巻き逃げたような槍兵ではなく、な」

あくまでも涼やかに笑い皮肉を言うアサシンに、槍兵の殺気が膨れ上がる。

・・・ランサーは以前、戦いを挑むだけ挑み、決着をつけずに退却するという事をしていた。
あまりにも彼らしくないその行動は、マスターによる命令、または令呪による縛りだったのだろう。
だとすると、ここでの一戦があったとしてもおかしくはない。
どうせ諜報専門として使われたのだろう。
決着をつけさせずに情報に固執したのは状況把握の為なのか。
はたまた、ランサーに対する只の嫌がらせだったのか、そこまでは判らないが。

「・・・しょうがねえな」

ランサーがボソリとつぶやき、槍を取り出す。
ただそれだけで、今迄にあった軽薄な相貌はあっさりと消えた。

「マスター、あの野郎はオレに任せとけ。
 オマエはせいぜい好きに動いて構わねえからよ」

「あら、いいのかしら。
 貴方アサシンが怖いんじゃなかったの?」

馬鹿らしい、と鼻で笑われた。
その声は、自身と覇気に満ち溢れている。

「オレが、何を恐れるって?」

「・・・そうね、失言だったわ。
 そうそう、一つ言い忘れてたけど、アイツのLUKはランクにするとA以上だから。
 もしゲイボルクを使うなら気をつけなさい」

「チッ、道理で嫌な感じがしてたわけだ」

「そういうこと。
 じゃあ任せたわよ、ランサー」








そういって階段を上がり始めたマスターが、何かに気がついたように足を止める。

「ランサー、令呪を使うわ」

・・・・・・・・・

「は?」

「―――――Anfangセット

勝手に事を進め始める。

「おい、ちょっと待て!」

オレの抗議を聞く事もなく、ジャグラーは淡々と魔力を令呪へと通す。
その腕には三つの印が刻まれ、一つだけの輝きを残している―――!

「告げる」

膨大な魔力が集束し、その言霊を実現せんと形を成す。
令呪はサーヴァントを強化すると共に、強制的に縛る事ができるモノだ。
まさか前と同じように、妙な制限をかけられるのでは・・・・!?

「告げる。
 汝この契約の下、我が許可無くして戦による死を禁ずる―――!」

具現化する魔力。
それはオレの体を覆い、契約を完成させ―――

「は?」

思ってもいなかった内容に、思考が止まる。

「ジャグラー、今のは・・・?」

「分からなかったの?
 ようは死ぬなって言ったのよ。
 今アンタに死なれたら借りが返せないままじゃない」

さらり、と答えられる。
そんな単純な事に、貴重な令呪を使ったと言うのか。

「・・・ッハ、妙な女だな、全く」

「ま、せいぜい負けないようにしなさい」

全く、アーチャーには勿体無い女だな。
そして最後に、気になったことを聞く。

「よう、一つ答えてもらいたいんだが。
 なんだってアンタには令呪があるんだ?」

令呪は、聖杯に選ばれた者、サーヴァントを召喚した者に現れる決まりだ。
それ以外に入手方法はなく、あるとすれば持ち主から奪い取り、移植するしかない。

振り返ったジャグラーは、微かな笑みを浮かべて、

「聞きたいなら、最後まで生き残りなさい」

そのまま山門を抜けていった。






「生き残れ、ね。
 あんな令呪までされて、死ぬわけにはいかねえよな、そりゃあ」

この聖杯戦争とやら、ハナっからケチがつけられっぱなしだったが。
ここに来て随分と幸運か、もしくは今迄以上の不幸に巡り合えたらしい。
いい女からの最初のお願いが、嫌な相手とのダンスだとは・・・

「で、いいのかい、あんな簡単に道を通して」

「よく言ったものだ。
 もし私が妨害をしようものなら、その槍を躊躇無く突き刺したであろうに」

あくまでも涼やかに、アサシンが答える。
戦いを目の前にしても、その男は少しも立ち振る舞いを変える事はない。

――― 上等だ。

槍を構え、体を弓の如く引き絞る。
対する侍は、長剣を軽く下げ、柳のように風を受け入れる。

地を砕いて跳躍し、赤い魔槍を突き入れた。









後ろに鋼の打ち合いを聞きながら、歩みを進める。
寺の中は、なんとも言えない圧迫感に包まれていた。

目を凝らさずとも分かる。
この世界に満ちる小源オドの渦。

百、いや千を超える人間によって作られた、人工的な魔力極地。
これだけあれば、どのような大魔術でさえ使い続ける事さえできる。
そう、例えば目の前のサーヴァントの様に。

「・・・・・・・」

沈黙する影。
まあそれもしょうがない。
正体が不明であろうわたしに、ノコノコと本人が現れてくれるとは思ってはいない。

「できそこないの影なんか出してないで、本体で現れなさい、キャスター。
 わたしも余り気が長い方じゃないの。
 貴方がそのまま隠れてるつもりなら、寺ごと吹き飛ばしてあげるけど?」

できるだけ大きな声で、挑発的な言葉を言う。
すると影は徐々に崩れていって、月光の下に確かな形を生みだした。

「こんばんわ、それと初めまして、キャスター」

「・・・・・・」

「どうしたのかしら。
 貴方程の魔術師だもの。
 わたしの存在ぐらい既に感知していたのでしょう?」

「・・・よく言うわね、人の"眼"を全て潰して置いて」

初めて、キャスターの口が開く。
もちろんその声には友好的なところなど欠片もなかったが。
ちなみに"眼"とは街中に広がっていた彼女の使い魔達だ。
キャスターともなれば、使い魔を使用せずとも情報の確認などできるであろうが・・・
それが一番効率的の上、いざとなればそれ自体も戦力となる。

まあそれも全部、昨日今日で始末させてもらったが。

「大した労力じゃなかったわよ?
 なにしろ使い魔の扱い方に差があるもの。
 せっかく召喚したアサシンも、貴方は御しきれてないようですしね」

「っく」

キャスターの唇が屈辱的に曲がる。
だがそれも一瞬の事。
すぐさま彼女の唇はほころび、余裕の笑みをかたどった。

「いいわ、多少の無礼は許してあげましょう。
 ―――自ら死地に飛び込む愚か者の言葉ですから」

黒のローブが羽根のように広がり、キャスターが空へと浮かび上がる。
笑みを浮かべた彼女の周りには、十を超える光球の群れ。

・・・しまった、やる気にさせてしまった。
少しばかり調子に乗りすぎたかもしれない。

「あのねえキャスター。
 無駄だと分かって一応言うけど、わたしは貴方に戦いを挑みに来たんじゃないのよ?」

「何を今更。
 私の陣地の足を踏み入れた時点で、逃げ事を言おうが許しません。
 貴方を死に掛けにした後で、ゆっくりと正体を調べさせてもらいましょう」

無数の楽師に命ずるように、優雅に指を振る。
その指揮棒でわたしを指差すと、光の群れが星となって落ちていく!

「アンタにはカリを返したつもりだったけど・・・
 こうなっちゃ仕方ない、満足するまで付き合ってあげるわ―――!」










雷の如き四連撃。
線に留まらず最早点でしかないそれは、回避不可能な刺突である。
だがソレを、

「ふっ」

ただ一つの円で、全て受け流された。

居並ぶ四つの音色。
それに舌打ちを重ねて、四を超える八まで回転を上げる。
だがそれも空しく、同じ道を辿るのみ。

段差を一つ駆け上がる。
絶好の間合いに入り、この距離ならば弾かれる事も、避けられる事もない。
決め手となる一撃を心の臓へと定めて、

――― ぎぃん!

鋼を弾く音が響く。
オレが繰り出した槍を弾かれた、のではない。
アサシンの攻撃を、槍で防いだものだ。

踏み込んだ足を、再び同じ場所まで下げる。

「チィ」

口の中で下を打ちながら、休むことなく槍を繰り出し続ける。

さて、これで何回目の前進と後退となったか。
一進一退の攻防は、既に何十合という数を続けている。

槍は、突き入れる武器だ。
払うという使い方もあるが、一対一の戦闘でそう使うものではない。
少なくともオレはそうだ。

突き刺し、貫く。
究極まで研磨されたそれは、回避困難な点となって相手を襲う。
対応するとすれば、槍の範囲から逃れるか、体をずらして避けるか、その二つしかない。
実のところ点ではなく線である以上、横から払われれば目標からは逸れ、当たらないのは確かである。
が、それはあくまで普通の人間の話。
ランサーのクラスを冠する自身には、それを超える速度を持っている。
払うなどという行為は、できてセイバー程の技量があってのモノ。
―――だがそれを、この男は危うげなく実現していた。

鋭く、恐ろしいほど正確に首を狙う剣が振るわれる。

「ち、っくしょ!」

槍を盾にしつつ仰け反ってそれを避け、地を蹴って大きく間合いから離れた。
軽い落下感を感じながら、身を捻って足から階段に着地する。
そして見上げれば、変わらずに佇むアサシン。

「いやいや、流石はランサーと言ったところか。
 何度か落とせたはずの首が、如何様に剣を振るっても落とせぬ。
 先の戦いでは手を抜いていたか」

微笑を浮かべながら、嘲りなどなく本気で感嘆している口調で言う。
それがさらに屈辱的で、こちらとしては嬉しくも何ともないが。

「大した変わりはねえよ。
 なにしろこっちの決め手は全部撃ち出す前に止められちまってる。
 全く、やりにくくってしょうがねえ」

「ほう、そなたのような真っ当な英霊に誉れを貰うとは。
 いやいや、身一つで学んだ邪剣といえど、捨てたものではないらしい」

あくまでも涼やかに、アサシンは笑みを浮かべている。

・・・認めなくてはならない。
この場でアレは倒せないと。

階段の上と下、地形による不利な点もあるが、それ以上にアサシンの技量が問題だ。
何度と無く剣筋を見たというのに、未だ動きを完全に掴めないでいる。
速い、以上に鋭い。
気づけば目の前に剣が迫っているのだ。
腕の一本程度ならやってもいいが、それが首を刎ねる一撃である以上、食らう事すらできない。
此方の渾身の一撃は放つ前に止められ、あちらの一撃はいつかこの首を刈り取る。
このまま続ければ、結果は火を見るよりも明らかだ。

そう、このままであるならば。

「―――ほう」

アサシンの表情が変わる。
こちら・・・いや、オレが持つ槍を見て、少なからず眉を動かした。
そう、英霊が英雄を名乗る理由の一つ、この身には最強無比たる宝具が存在する。

刺し穿つゲイ死棘の槍ボルク

心臓に命中したという結果の後に、槍を相手に放つという原因を導く魔槍。
因果の逆転を可能とするこの槍は、放てば確実に相手を穿つ必殺の宝具である。

だが―――

(確かに・・・野郎には当たる気がしねえ)

ジャグラーの忠告通りだとすれば、アサシンはゲイボルクが唯一苦手とする相手となる。
必ず心臓に命中する槍は、いかに敏捷に動こうとも躱すことはできない。
逃れるには、呪いを跳ね除ける程の幸運を必要とするのだ。
そしてそれを、目の前の男は持っている。
そうなれば奪われるのはこちらの首。

だがもう一つ、ゲイボルクには真の使い方がある。
渾身の魔力を乗せた、投擲による遠距離攻撃。
こちらならば当たろうとも避けられようとも関係はない。
全魔力を乗せたその一撃は、威力だけで山門ごとアサシンを吹き飛ばそう。

だがそれも、ランサーには躊躇いがあった。
何故ならばゲイボルクを投擲したとしても、当たらぬのならばただの余波。
一撃必殺である筈の宝具を当てるつもり無しで放つなど、英霊としての誇りが許さなかった。

突進からの刺突も、遠距離からの投擲も必勝足りえない。

ならば―――

「・・・生半可な物でもないらしい。
 ならば私も、相応の業をもってお相手しよう」

構えらしき構えを持たなかった男が、ここにきて一つの型を作る。
背が見える程の大仰な構え。
水平に掲げられた刀身が光を浴びて、禍々しく煌めく。

体を深く沈めこむ。
その全ての力を注ぎ籠め、バネと化す為に。

――― 風が止まる。

それを合図に、爆ぜるが如く、地から水平に跳躍した。
次々と過ぎ去っていく石段。
切るような激しい風を耳に感じ、槍を放つ為に身を限界まで引き絞る。

十メートル。

残り秒と経つ事なく、互いの射程範囲へと入る。

「――――秘剣」

アサシンが動く。
それを遮るように、宝具の名を解放した。










希代の魔女は、誰ともわからぬ魔術師に対し、驚愕していた。
この陣地に満ちている魔力は、下界の人間から掠め集めた生命力である。
その量を例えると、使う魔術がバケツ程度ならば、プールに張り詰められた水がそうだ。
いかに大魔術を行おうとも、全体から見れば微小な変化でしかない。
つまりキャスターはこの陣地にいる限り、無尽蔵とも言える魔術行使ができる。
今の彼女を脅かすとすれば、強力な対魔力を持つセイバーか、脅威たる宝具を持つバーサーカーくらいのもの。

そうである、筈だった。




「――――――!」

現代の人間には発音すらできぬ、神代の言語で魔術を紡ぐ。
神言で成されるソレは、如何なる大魔術であろうとも瞬時に形を成す。
今の一言で作り出すは"光球"。
高速で回転するそれは、熱を生み出し、当たろうものなら塵さえ残す事はない。
それを十ほど作り出す。
ただ一人のサーヴァントへと対象を定めて、全てを同時に撃ち放つ。
主の命を果たさんと疾駆する光球。

Es last frei解放.laden装填,EileSalve一斉射撃 ――――!」

しかしそれを、同じ速度、同じ量の光球をもって、全てが撃墜された。

「ほらほら、まだまだいけるわよ!
  Gebuhr, Zweihaunder接続.  Fixierung狙え, EileSalve一斉射撃――――!」

ジャグラーから放たれる、十数個の光の矢。
それを同じ数だけ用意した"盾"によって防ぎきる。
余波が風となり、体へとあたる。
これはつまり、アレは私と同じレベルの魔術を行使しているという事。


それはおかしい。
ジャグラーはキャスターの見る限り、現代の魔術師とそう変わらない。
確かにこの町、いや、現在いる世界中の魔術師と比べたとしても、見劣りはしない実力はある。
だがそうだとしても、魔法や禁術が跋扈していた時代に生きたキャスターと比べれば、埋めようのない差が存在する。
高速神言により一言で大魔術を行うキャスターに対して、ジャグラーは魔術式を籠めた媒体を介して、魔術を発動しているに過ぎない。
物に大が付く魔術式を載せる、それは確かに困難な事ではあるが、決して不可能な事ではない。
自分と相性の良い物であればより簡単にはなる。
ジャグラーは、媒体を小さな宝石にする事ににより、それを可能としたのだろう。

だがそれも、あくまで式だけに過ぎない。
魔力ごと保管するとなると、それだけ洗練され、時代を持った物でなくてはならない。
ジャグラーが使用しているのは、小さく、粗雑な宝石モノばかり。
むろん魔力など籠められる筈もなく、彼女は使用するその度に魔力を送る事によって、魔術を成しているのだろう。
それは大した事ではない。
少なくとも、キャスターにとってはなんら脅威ではない。

だが、その送るべき魔力は、いずこから来ているというのだろうか。


「――――――!」

最早数え切れるぬ程の光を作り出し、狂ったようにソレはジャグラーを襲う。
赤き外套が翻る。
空に無数の宝石がばら撒かれ、手にした剣が七色に輝くと、それら全てが破砕・爆発した。
傷一つ付く事無く、笑みを浮かべる女。


前述したとおり、キャスターがこの陣地で有利たる理由は、高速神言でも仕掛けられた無数の罠でもない。
人間の生命力で作り上げた、尽きる事のない魔力の海。
事、消耗戦になるのならば、彼女に負けはない筈である。
ならば何故、目の前の女はその対象にならぬのか。
彼女自身の魔力量など、今迄の魔術行使から比べれば高が知れている。
数回の撃ち合いで魔力は尽き、当に決着は付いている筈だ。

ならば何故、いったい何処から、どうやって魔力を手に入れていると言うのか!

「ええい、しつこい! ――――――っ!」

宙に浮かぶ巨大で緻密な魔方陣。
その全てを一つの魔術とし、闇夜の中にもう一つの月を作り出す。
ジャグラーごと境内を飲み込まんばかりの大きさ。

Eine接続, Zwei解放, RandVerschwinden大斬撃――――!」

突如現れる、光の断層。
それは大気を切り裂き、力を失った魔術は跡形も無く霧散する。

「あらあら、見た目だけでたいしたこと無いわね。
 どうせ落とすなら、本物の月でも持ってきなさい」

「っ、何時までも減らず口を!」

雨の如く降り注ぐ、光の矢。
そして花火の如く撃ちあがる、豪奢たる爆発。
火花は砕け散り、大気は焼き焦げる。
目に痛い程の光の群れは、未だ終わりを告げずに輝きを増した。










「――――秘剣」

槍兵が神速を持って疾走し、後に残る木の葉が風と共に踊る。
もはや体ごと槍と成した騎士が、離れた間合いを一瞬にして詰める。

後一歩。
その距離さえ無くなれば、アサシンはその身の最強の業を持ってランサーを打倒する。
堕とせぬ燕を囲い斬る、三つの剣線で。

だがその目論見は、裂帛の気合によって断ち切られた。

突き穿つゲイ―――死翔の槍ボルク!!!」

猛る槍兵、そして投擲される魔槍、、、、、、、
回避不能な槍は、回避不能な距離を持って放たれた。

如何に切り結び、死を身近に感じても崩す事のなかったアサシンの相貌が、驚愕に歪む。

五尺余の物干し竿といえ、間合いに一つ及ばぬ。
驚き竦んだ体は、目の前の槍を躱す事はできない。
いや、そもそも疾走の加速が加わったそれは、躱すどころか満足に視認する事すら適わない。
ランサーは、まさに必勝の一撃を賭けに出したのだ。

もはや勝利はないと確信する。
だがひとつ、それでもなお"負けない"事は可能であった。

ただそう、死を狩る槍へと踏み出し、死にながらも相手を絶つ。
元よりサーヴァントは死んだ身。
そしてアサシンは、佐々木小次郎という殻を被った別の人間。
勝てど名声は自身に残らず、負けど罵声に意味はない。
ならば勝敗になど拘らず、この素晴らしき戦いを相打ちで祝うのも構わない。

(――――無粋)

その一言で、考え全てを破棄した。
このような俗世に呼び出され、妙な役割さえ押し付けられた。
だが、生前を含めた上で適わなかった、素晴らしき英雄との戦い。
この瞬間は、適わぬと諦めた、生涯で一生の機会。
相打ちなどと、つまらない結果は残せない。
故に、渾身の業を持って、今を祝おう。

「燕返し――――!!」

奔る三つの剣線。
その全てが、投擲された槍へと向かった。
止まらぬか、止められるかではない。
後悔のない結末を飾ろう、と。


鳴る、三つの鋼。
結末は、酷く静かに訪れた。










戦いは、突如の静寂を持って終わりを迎えた。

「・・・・・・」

無言で、地に降り立つキャスター。
戦いを始めたのも彼女ならば、止めたのも彼女だった。
理由はそう、大したことではない。
彼女ほどの魔術師が、それに気づかない筈はないのである。

ギリ、と歯を食いしばる音が響いた。

「まさか、かの宝石の翁がこんなに若い女だなんて・・・」

「ちょっと、違うわよ。
 わたしとあのぶっ飛んだ爺さんを一緒にしないで頂戴。
 わたしは万華鏡(カレイドスコープ)の血を受け継いだだけ。
 魔術師でも魔法使いでもない。
 手品(タネ)を使って魔法を実現した、ただの奇術師にしか過ぎないわ」

もはや魔術師ではあらず、魔法使いにまでは至らない。
奇術師、とは随分と的を射ているクラスではなかろうか。

「魔法のマネゴト、いや、掠め取りという訳ね」

流石は希代の魔術師。
神代に生きた彼女は、一瞬にして事の本質を見抜いた。

「とはいえ、至っていない以上完璧ではないわね。
 貴方がその剣を使う度、なんらかのペナルティが肉体へ及ぶ」

「流石、キャスターを冠するだけはあるわ。
 魔力の消費が殆ど無い代わりに、肉体そのものに負荷が及ぶ。
 あんまり使いすぎるとわたしの体がボロボロになるのよね」

「なら、このまま戦い続ければいずれ・・・」

「ええ、いつかは決着が着くでしょうね。
 思っている通り、かなりの確率で貴方の勝利という形で。
 そしてもちろん、貴方自身も只ではすまない」

無尽蔵と無限の戦い。
あちらには量の制限があり、こちらには繰る者の限界がある。
互いの決着まで続ければ、どちらかが0になり、残った方は限りなく弱体化する。
そうなればキャスターの溜め込んだ魔力は無駄になり、他のサーヴァントが侵略を開始する。

つまりはこういう戦いだったと言う訳だ。

「・・・・・」

再び押し黙り、迷い始めるキャスター。
彼女は生粋の魔術師だ、無駄な事はしない。
この得るものが少なく、消費のみが激しい戦いに、意味を見出せない筈だ。
今回とて、陣地が此処でないのならば、当に逃げ去っているかもしれない。

戦えば消費させられるが、この地を手放すのは余りにも惜しい。
ジレンマに陥ってしまう。
だが元よりそんな事を悩む必要はないのだ。

「熟考の所悪いけど、その懸念は不必要なものよ」

キャスターが顔を上げる。
無論のこと、今の一言で警戒が解けたわけではない。

「どういう意味かしら」

「戦うか、逃げるか。
 そんな考えは無駄って言ってるのよ。
 最初に言ったじゃない、わたしは貴方に戦いを挑みに来たんじゃないって」

フードで口でしか判断できないが、唖然、とした表情で固まる。

「な、何をいまさら」

「いまさらも何も、仕掛けてきたのも貴方なら、勝手に盛り上がってたのも貴方じゃない。
 わたしは最初から戦う気なんかなかったし、殺し合いをする気もないわ」

あくまで落ち着いて、友好的な口調で話しかける。
懐から封筒を取り出し、それを彼女へと投げた。

「円滑な話し合いをする為に用意した、友好の証よ。
 気に入ってもらえればいいんだけど」

そう言い、にっこりと笑みを浮かべる。
それに悪意を感じなかったのか、魔術を警戒しつつも彼女は封筒を開く。
中にある何枚かの紙を取り出し、

「こ、これは!!」

目に見えてがくがくと震えだすキャスター。

そう、これこそが対キャスターの奥の手。
陥落のポイントゲッターにして、最強の限定宝具!


「セイバー&イリヤの可愛い格好写真集!
 ゴシック・ロリータからメイド服まで、少女好きの奥様にはお勧めの一品よ!」



ガガーン! と古臭いエフェクトで衝撃を受けるキャスター。
うわ、あれ思った以上に効いてるわ。
確かに写真撮ってる間、わたしも鼻血でそーだったけど。

「こ、こここおここんなもので私が買収されるなんてっ!」

と言いながら封筒を懐へと仕舞う。
思う壺である。

「買収なんて人聞きの悪い。
 あくまでも友好の証、それは差し上げるわ。
 だけど―――もし聖杯を諦め、わたし達との争いを止めるなら・・・・
 あの子達の着せ替えくらい、毎日できるでしょうね」

生唾を飲む音が聞こえた。
いまや彼女の心の天秤は物凄い勢いで揺れまくっているだろう。
さあ、後一押し、決め手の一言だ。

そういえば、と出来るだけしらじらしく見えるように、手をポンと叩き、

「貴方一人で判断できる事じゃないわよね。
 ここは一つ、貴方がやっている事全てを含めて、貴方のマスターとも話し合うべきね」

空間ごと停止されたように、キャスターが凝結した。
誰かの魔眼で見られても、ここまで瞬時に固まる事はないだろう。

「アサシンの事、街から集めている魔力の事、それと少女趣味の事も。
 なんたって学校の先生ですともね、親身になって聞いてくれるんじゃないかしら」

まあ実のところ、バラした所で意味はないのだが。
なんたって人々から生命力を奪っていた彼女に、『やるなら全部やれ』と言ってのける人間なのだから。

「あ・・・ああ・・・・」

だが、そんな事は露も知らない彼女にとって、それは最も避けなくてはならない事なのである。
男性に裏切られる、という事がトラウマになっている彼女にとって、一番キツイのだろう。
まあやっぱり、杞憂ではあるのだが。

「な・・・・何が望みなのかしら」

ふ、落ちた。

「大した事じゃないわ。
 聖杯を諦める事、魔力集めを止める事、あとそうね、一度わたし達の所へ挨拶に来なさい。
 端的に言えば、味方、協力関係になればいいのよ」

彼女はわからない、といった表情をする。
此方の真意を理解しかねているのだろう。

「明日にでも顔を出しなさい。
 そうすれば、お茶とお茶請けくらい用意しておいてあげるわ」

「ま、待ちなさいジャグラー。
 貴方の目的はなんだというの。
 その行動に、一体何の特があるというのかしら」

「・・・意趣返し、なんてのも少しあったかな」

魔術師として、格闘を切り札とした事に満足していた訳ではない。
だがこんな事はもちろん、覚えているどころか、彼女は知ってすらいないのだが。

さて、やれるべき事はやった。
何か起こる前に、早々に去るべきであろう。
背を向けて歩き出し、後ろに彼女の訝しみを感じつつも、境内を後にした。






山門にもたれかかる、一人の男がいた。
見事な羽織に身を包んだ、アサシンのサーヴァント。
こいつが五体無事で立っているということは―――

「アサシン、ランサーはどうしたのかしら」

「おう、マスター。
 こっちだ、こっち」

山門の先、わたしの位置からでは見えなかった段差の下から、ひらひらと手を振られた。
一瞬この状況に混乱するが、アサシンを警戒しつつそちらへと向かう。
青に染まった着物の胸、腕が組まれていて良く見えていなかったが、赤く染まっている。

「そっちも終わったか」

「ええ、とりあえずわね。
 それよりどういう事か、聞かせて欲しいんだけど」

「どうもこうもねえよ、分けだ分け」

全く、やってらんねー、とボヤくランサー。
引き分け?
一撃必殺の宝具を持つランサーと、回避不能の業を持つアサシン。
この二人が戦って、どうやれば引き分けなんて結果になると言うのか。
しかもランサーの性格上、そんな勝敗は認められないと思うのだが・・・

「これから帰るんだろ?
 詳しい話なら歩きながら話してやるよ」

そう言って、勝手に階段を下りていく。
全く持って意味がわからず、アサシンを見る。
くっ、と楽しそうに笑みを浮かべた。

「何、英雄故の気質、というものらしいな。
 難儀なものだ」

そう言って背を向け、姿を消した。







「あの野郎、ゲイボルクをズラしやがった」

開口一番、機嫌が悪そうにランサーはそう言った。

相手の幸運に対して、彼は近距離の投擲で挑んだらしい。
盾の無いアサシンには防ぐ事は出来ず、如何な幸運で因果から逃れようとも、単純な速度で躱せぬ一撃。
それを彼は燕返しを叩き込む事によって、心臓から僅かに射線をズラした。
心臓から僅かに逸れた槍は、アサシンの刀を砕き、胸の中心を貫いた。

「? なら貴方の勝ちじゃない」

何にしろ、相手に重症を負わしたのだ。
士郎じゃあるまいし、ランサーが止めを躊躇うとは思わなかった。

「渾身の一撃が当たらなかったんだ、二度目はねえよ。
 武器を無くした相手と戦おうとも思わねえしな」

・・・ランサーらしいこだわりと言った所か。
もう少し神妙ささえあれば、騎士の尊厳、と言ってもよかったかもしれない。

「まあそれでもよ、命乞いでもすりゃあぶち殺したんだが。
 あの野郎口の端から血垂れ流しながら、なんて言ったと思う?」

やる気のそがれた、ダルそうな顔。
その表情から読み取れなくもないが、あの耽美な男の事だ、それこそ考えるまでもない。

「『見事』、だとよ」

「・・・全く、判らない世界の話ね」

ため息をついて、空を見上げた。
長かった夜も、これで終わる。
とりあえずはまあ、早い所戻って、ランサーのねぎらいに夜食でも作ってあげるとしよう。





前へ / 戻る /  次へ