×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








柳洞寺、その境内の奥に大きな池がある。

人の手にかからず、清く澄んだその姿からは、神が宿るとも言われる程の物だ。



―――― その遥か地底の彼方に、それは存在する。



限りなく広がる空洞、いや、それは最早大地と見紛うばかりの広さ。

草の一つなく、土と岩で作られたその世界の中心に、大きな窪みが存在する。

二百年の時を経て未だ活動を続ける、聖杯戦争のシステムにして巨大な魔術式。

最早魔法と呼べる程の奇跡を体言するそれは、ある事実により変革を起こしたものの、正常に機能していた。


その歴史の中に、今一つの『異例』が起こる。


集束するエーテル。

それは暫くの間渦を描き、やがてある形を創り出す。

人の形へと安定した『彼女』は目を見開き、確認するように体を動かした。

「―――よし、悪くないわね」

彼女は満足そうに微笑むと、懐から何かを取り出し、小さく呟きを乗せてから空に放り出す。

術をかけられたそれは、固い光沢を放ちながら出口へと羽ばたいて行った。

「さて、と。じゃあまずはアイツの家にでも行ってみるか」























――――――――<集う家族>――――――――





























-2/9-









「よし、後は煮るだけだな」

ご飯もそろそろ炊けるし、味噌汁も当に準備はできている。
朝から肉じゃがな上、汁物が二つという事になるが、これもしょうがない事なのである。
何しろ今の衛宮家には人が多い。
俺にセイバーに遠坂にアーチャー、そしてイリヤに一応バーサーカー。
こうなると大量生産のきく料理でないと、余り時間のない朝食は大変なのだ。

・・・最初にバーサーカーに会った時は恐怖したが、今はアイツがバーサーカーでよかったと思う。
もし別のサーヴァントで理性があったのなら、何しろあの体格だ、どれだけ食うのか分かったもんじゃない。

ああいや、今のうちには食卓の狂戦士が二人いるわけなのだが。

「おはようございます、シロウ」

鍋の様子を見ながら思考に耽っていると、後ろからその狂戦士の一人が現れた。

「おはよう、セイバー」

「はい。
 ・・・今日は煮物ですか。
 起床してすぐに良い香りが漂っていました。
 期待しています、シロウ」

夢見る少女の様に手を組み、恍惚とした表情なセイバー。
今日も調子は最高のようだ、主に腹が。

「む、シロウ。今私に対して失礼な事を考えませんでしたか?」

「いや、そんな事はないぞ」

だって事実なわけだし・・・
まあ嬉しそうに食べてくれるぶん、こちらのやる気も出るわけなのだが。

「・・・・・・」

目を怒らせたセイバーが、無言の圧力でこちらを見続ける。
どうも先程の言い訳では容疑が解けなかったらしい。

むう、簡単に話しをそらせそうもないし、ここはデザートの一つか二つで機嫌を取るしかないか?



――ピンポーン



と絶好のタイミングでチャイムが鳴る。

「桜と大河でしょうか?」

「いや、今日は学校もないし、通常は二人ともこないよ。
 たぶん集金とか、セールスとかだと思う。
 ちょっと出てくるからこっちの様子見ておいてくれ」

セイバーにおたまを渡して、廊下へと出る。
横目で見た彼女は、数並ぶ料理を目の前にして固まっていた。

・・・早めに戻らないとつまみ食いされそうだ、とかなり失礼な事を考えてしまった。



――ピンポーン



「あー、はいはい」

急かすようなチャイムの音に、小走りになって玄関へと向かう。
だが考えてみると、まだ七時にもなっていないこの時間に集金やらセールスが来るだろうか?
だからといって桜ならばチャイムの後に入ってくるし、藤ねえにいたってはチャイムすらないのだから二人とも違う。
見当もつかないが、まあドア開ければすぐ分かることだから考えるまでもない。

「どなたですかー?」

靴に足をかけ、ドアを開きながら声をかける。
すると立っていたのは集金の人でもセールスでもなく、

「こんにちわ」

見事な黒髪を背に流し、赤を基調とした服に身を包んだ女性―――
いや、絶世の美女が微笑んで立っていた。








「こ、こんにちわ」

全く予想の外だった上に、相手が人知の外といえる程の美貌の持ち主だった為、対応が遅れた。
む、人知の外?
なんか最近よく使う表現のような・・・・?

「衛宮士郎くん、よね?」

「え、ああ、はい、そうですけど」

ふむ、と謎の美女は一人頷くと、

「え!? あ、あの!?」

俺の頬に手を当てて、ニコニコとした顔で目の前まで迫ってきた。
暫くの間まじまじと俺を見つめると、やがて満足したように硬直した俺から離れた。

「ああ、ごめんなさいね。
 あんまりにも可愛いから近くで見たくて」

と、またもや綺麗な表情で微笑みかけてくる。
可愛いといわれても男の俺としては困ってしまうが、今の俺は照れでそれどころではない。
一成なら渇っ、と気合を入れなおすところだが、あいにくその気力すら持っていかれてしまった。
しかしこのまま無言で対峙するわけにもいかないし、何とか気力を振り絞って返事を返す。

「えーと、その、今回はどのようなご用件で・・・」

上ずっているというか、裏返っているというというか、とにかく情けない声。
いやまあ、これが必死なのだ。

「ああ、多分ここに遠坂凛って子がいると思うんだけど」

くすくすと笑いながら、遠坂の名前を出す女性。
別に大したしぐさをしているわけでもないのに、胸の鼓動が激しいのは先程の不意打ちのせいだろう、うん。

「居ますけど、遠坂の知り合いですか?」

「んー、まあ親戚みたいなものかしらね。
 あがらしてもらっていいかしら?」

ふむ、遠坂の親戚か。
言われてみれば似ている所もあるし、美女っぷりも納得できた。

返事も聞かずにもうあがっている傍若無人っぷりも、そっくりかもしれない。






「まだ起きてないと思いますけど」

「あ、いいのいいの。その辺解ってるから」

軽く返事を返しながら、彼女はずんずんと進んでいく。
勝手知ったる他人の家、と言わんばかりに遠慮なく居間に向かって進んでいく。

あ、そうだ。
セイバーにもちゃんと話しておかないと。
見知らぬ他人が入ってきたのだ。
敵とみなして武装したり、それどころかいきなり殴りかかろうものなら問題だ。

まあセイバーに限ってそんな事はないだろうが。

「セイバー」

居間について早々、彼女に声をかける。
セイバーはぎこちない動きで料理を凝視しつつ、鍋の面倒を見てくれたようだ。
ぱっと見る限りは減ったものはなさそうだし。
とりあえず間に合ったようではある。

「シロウ、こちらはよさそうですのでそろそろ朝食に・・・」

言いかけた途中で動きが止まる。
静止というよりは硬直、そして凝視する先にいるのは遠坂の親戚という彼女である。

「な―――何故貴方がここに!?」

「久しぶりセイバー、元気だった?」

驚愕しているセイバーを前に、先程と同じようにニコニコと笑いながら軽い返事を返す彼女。

「二人とも知り合いなのか?」

「何よ、朝っぱらからうるさいわね」

よれよれと動く遠坂が入ってくる。
来た方向からすると、どうやら洗面所に顔を洗いにでも行ってたのだろう。

「起きたばかりでよくもまあそんな元気が―――」

眠そうにあくびを抑えながら、こちらを見て―――――硬直した。

「遠坂? あー、えっとこの人はさっき尋ねてきた」

「っ、何してんのよ、逃げなさい士郎!
 その女サーヴァントよ!」

「え?」

サーヴァント? 彼女が?

言われて振り向くが、そこにいるのはニヤニヤと笑っている女性が一人。
別に殺気があるわけでもなく、何の行動も起こさずにただ状況を傍観している。

「下がりなさい、士郎!
 怪我するわよ!」

「あっ? ちょ、ちょっと止めろ遠坂!」

懐から宝石を取り出し、明らかに破壊的な魔術を起動しだした遠坂を止めにかかる。
腕を振り上げて、それを投げつけようと綺麗なフォームの構えをしたその時、



「んな!?」



今までの誰よりも大きい声が、混乱した居間の中に響き渡った。










「な、なな・・・何故君がここに!?」

隠すどころではなく、動揺に混乱が混ざったような表情で叫ぶアーチャー。
ちなみに遠坂というと、寝起きの激しい動きか、もしくは今のアーチャーの声が原因なのか判らないが、頭を抑えて固まっていた。

「あら、わたしがここにいちゃいけないのかしら。
 ねえ、アーチャー・・・・・さん?」

これまた笑顔で―――というよりどこか凄みのある笑顔で、アーチャーへと近づく彼女。

「い、いや・・・そういう訳では。
 それよりも何故君がここに」

心からの困惑を見せるアーチャー、いつもの冷静沈着ぶりからは予想できない程の慌て様。
見ているこちらは楽しいが、現状に混乱しているのは俺も同じである。

「話すと少し面倒くさいんだけど・・・」

俺と遠坂に目をやる彼女。
しばらくの間考え込むようにそうすると、

「二人とも、アーチャーとセイバー借りるわね」

俺らに向かって言ってきた。
これに遠坂が反応し、勢いよく顔を上げる。

「な、ちょ、ちょっと待ちなさい!」

しかし時は遅く。
パタン、と襖が閉まる音と共に、二人を連れて彼女は居間を出て行ってしまった。








「さて、どこから説明がいるかしら?」

使われていない客間へ来て、彼女は一声目にそう言い放った。

「一から全部。
 正直全く事情がわからないんだ」

「ええ、私も同感です。
 何故貴方がここにいるのですか」

俺とセイバーの問いに、彼女は面倒くさそうに表情を曇らせる。

「じゃあ俺から質問するから、それに答えてくれ」

「ええ、それでいいわ」

ふう、と息をつく。
深呼吸をするように息を吸いなおし、現実を受け止めるべく声を出した。

「何故、どうしてお前がここにいるんだ、遠坂」






前へ / 戻る /  次へ