×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








王は酷く落胆したという。
予言に従い生した子は、望むべきものではなかったからだ。
後継としては使えぬ子に、彼は苦悩した。

そこに予言と、この子の母との逢瀬に助言を与えた魔術師が現れ、言った。

「その子は貴方の忠実な騎士に預けましょう」

王は彼の言葉に耳を傾け、その話に従う事にした。
子を受け取って抱えると、魔術師はさらに言った。

「この子はいずれ、この王家の危機を救う戦いの王となる。
 そして私はこの子を正しく偉大なる者として導きましょう」

魔術師はそう言葉を残し、王の前から去った。
しかし王は首をひねり、彼の残した言葉を理解しかねていた。

生まれた子は女だ、あれが王になれるというのか? と。























――――――――<堅甲決意>――――――――





























「なんで僕はここにいる」

不安定な声で、こちらを睨みながら彼は言う。
まだ幼さの残るその邪気は、私になんの感慨も与えない。

「まずは座ったらどうですか。
 ただ気絶させられていただけとはいえ、貴方の体調は完全とは言いがたいでしょう」

「うるさい、質問に答えろ!」

息を荒くして、追い詰められたかのような声で叫ぶ。
彼が私に詰問しているように見えて、立場はその逆に当たる。
サーヴァントを失った彼に、私に対抗する手立てなどないのだから。
自身が気づかぬ間に首を落とすくらい造作もないが、それをする意味も、気もないのだからすることはないが。

「言わずとも、貴方ならわかるのでしょう。
 サーヴァントを失った貴方に、凛は興味を抱かない。
 そしてシロウは・・・元より貴方を殺す気などない。
 誰がここに連れてきたか、ここまで言わずとも分かる筈ですが」

敵意も同情もなく、私は淡々と事実を述べる。
彼は掠れるような声で笑い、腹を抱えて楽しそうに痙攣する。

「―――まあそうだろうね、衛宮なら僕を殺すなんてことしないだろう。
 なんたってアイツはお人よしだからね、っは、ははは」

バン、と言う音と共に、笑い続けていた声が止まる。
彼の握られたこぶしが襖に叩きつけられ、震えていた。

「ちくしょうっ、馬鹿にしやがって!
 僕は衛宮なんと違って、魔術師の家系に生まれた、正統な跡取りだぞ!
 なんだってアイツなんかに同情されなきゃならないんだ・・・・っ!」

呪詛を吐き散らしながら、何度も拳を打ち付ける。
それはただの子供が癇癪を起こした様しか見えない。

「・・・貴方は魔術師なのか」

私の声に、ピタリと、彼は止まる。
上げられた瞳は暗い憎しみに満ちている。

「ああ、僕は魔術師だ。
 魔力や魔術回路の有無なんて関係ない。
 知識もある、力もある。
 魔術師の家に生まれ、血を引き継いでいる僕は、間桐の正統な後継者だ。
 衛宮なんかとは違う、魔術師だ!」

今までの陰鬱な声とは違う、心からの叫び。
それはきっと幼い頃からの想い、いや、彼の誇りであったもの。
それを糧に生き、それが全てである人間。
例え、決してなる事が出来ぬモノでも―――

「確かに貴方は魔術師だ」

空を見上げる。
天には昔と変わらない月があり、青白い光が眼に映る。

「私が知る魔術師は、目的に対して手段など選ばない。
 非常に徹し、ただ得るものの為に全てを尽くす人種。
 凛は最高の術者ではあるが、最後の一つを踏み外せない。
 そしてシロウは・・・そういう意味では魔術師ですらない」

振り向くと、彼は唖然とした表情で此方を見ている。
当然だ、彼の人生で認められた事などなかったのだろう。

「その点貴方は優れた魔術師だ。
 自分の目的のため、他人の犠牲をいとわない。
 それが本来の姿であり、業であるのだから」

「・・・はは。
 そうだよ、そうなんだよ!
 わかってるじゃないか、オマエ!」
 
嬉しそうに、彼は笑いを浮かべる。
認められた事で気負いをなくしたのか、馴れ馴れしい声で私を見やる。

「うん、ライダーなんかと違って見所あるよ。
 つまりさ、オマエも困ってたんだろ? 使えないパートナーに当たってさ。
 どうだい、どうしてもっていうなら僕のサーヴァントにしてやらなくもないぜ?」

下卑た笑いで、的外れな事を言う。
勘違いも甚だしいというものだ。

「な、なんだよ」

表情に別のものが混じり、彼の体が何かに圧迫されたように下がる。
抑えていたつもりだが、私の不快感が外に出てしまったのだろう。
好都合だ、これ以上彼に喋らせると何をするか自分でもわからない。

「確かに貴方は魔術師だが、その意味を理解していない」

「っ、どういう意味だ」

彼の瞳から眼を逸らし、再び月を見上げる。
決意をしなければならない。
自らの行いに対するモノや、自らが選ぶべき道に対して。

「貴方はイングランドの伝説を知っているか」

「な、なんだよ突然」

「勇猛なる王、ウーサー・ペンドラゴン。彼の子による伝説だ」

彼は答えなかったが、その顔を見れば聞くまでもないことだった。

「その子が成人を迎える頃、王は大病を患っていた。
 帝国は異教徒の侵攻により磨耗し、分裂し、崩れていった。
 王は後継者を望んだ。
 魔術師に任せた子は成人を迎えている。
 だが、王は彼の予言は信じていても、少なからず絶望していた。
 ―――何故ならばその子は望まれた者ではなかったからだ」

大地を踏みしめ、全てを持って佇む。
気づかぬうちに武装された体は音を鳴らし、淡い光を放つ。

「我が真なる名を教えよう、少年。
 戦いの王と呼ばれ、ブリテンの民を背負った赤き竜の末裔」

剣を掲げる。
風で編まれた結界は解きほぐされ、ただ一瞬の為に輝くその身を見せた。

「我が名はアーサー、ブリテンの王だ」









「・・・は、ははは。
 何を言ってるんだよ、オマエ。
 つまらない冗談はやめろよな」

彼が認められぬのも当然の事だ。
私の姿を見れば、誰もが一度疑問に思う事だろう。
それを抱いたのは彼だけではない。
王に従う騎士、国に住む民、そして―――王自身ですらも。

「私は生後まもなく、ある老騎士に預けられた。
 自分の出生を知る事もなく、運命を知る事も無い私は、その騎士によって育てられた。
 彼は私の成長を促した。
 剣を、知恵を、戦を教えてくれた。
 ・・・だが私は彼に促されるまでもなく、王に至る為にこの身を研磨した」

それは血反吐が日常となるような、心休まる日が無い日々だった。
少女らしい生き方など、私には許されない。

「崩れていく国を目の前にし、死んでいく人々を看取り。
 全てを救うに王となるしかないのならば、この身を剣にする事も厭わないと決意した。
 しかし私が何を思おうが、自身は望まれぬ身。
 王として、最も必要なものが足りなかった」

それは子供でも分かるような単純で、致命的な事。


「―――生まれた子は男子ではなかったのだ」

王は、生まれた女の子に、落胆した。

「選定の剣を抜いた時、誰もが私を認めなかった。
 女性を捨てたこの身であろうが、いかに優れた騎士であろうが、関係はない。
 体は小さい女にしか見えない私だ。
 当然の事、私に期待するものなどいなかった」

ただ一人、かの予言者である魔術師を除き、誰もがそうであった。

「望まれずに生まれた子は、誰の期待もなく、王になった」

だがしかし、その様な事は関係ない。

「私の目的は国を救う事。
 女である事も、人間である事も、その為には捨てた。
 王となると言う事は、多くの人を殺すと言う事を理解し、恐れながらも覚悟した」

犠牲を知り、そうでありながらも立ち止まらなかった。

「シンジ、魔術とは常に死と隣り合わせのモノだ。
 一つ間違えば四肢は砕け、自らを過信すれば命をも失う。
 それを知りながら、目指すモノの為に全てを捨てる決意を持つ者達。
 それが探求者たる魔術師」

私が目の前にした数々の魔術師。
様々な人種、思想の持ち主がいた。
目指すものも、選ぶ道も違いながら、決して変わらぬのはその事実。

「貴方には、それがない。
 死を前にする決意も、全てを捨てられる意思もない。
 魔力がないと、ただそれだけで諦めて立ち止まった。
 自らを鍛える事もなく、ただ世界を恨むだけで歩みを止めた。
 ・・・その貴方に、彼らを伏せる道理は無い」









「うるさい・・・・」

俯き、小さく震えていた彼から搾り取るような声が発せられる。
握られた拳は痙攣をはじめ、再び当り散らすように叩きつけられた。

「うるさい!
 オマエに僕の何がわかる!
 親に欠陥品扱いされて、屑として扱われた、僕の気持ちが―――っ」

「ええ、私は貴方ではない。
 そのような気持ちなど、理解しようとも思わない。
 私は立ち止まらなかった。
 この身が女性であろうと、誰に望まれることもなかろうとも」

―――例え選んだ道が間違っていようとも。

「魔術回路など、無いのなら無いと認めるがいい。
 他の人間の評価など、身に影響を与えぬならば受け流すがいい。
 だがそこで終えると言うのならば、それはただの敗者だ。
 そこまで執着し、誇り、自らの全てとしたものを―――
 何故、そこで諦めた!
 何故、そこで立ち止まった!」

「・・・・」

彼の噛み締められた口から、歯軋りの音が此方にまで届いた。
体中の震えは既に止まっており、白くなる程握り締められた拳が、血がにじむ程に強くなる。

「貴方が自身を魔術師と称するのならば、そうなるがいい。
 どのような結果になろうが、貴方を笑うものなどいない。
 自らを誇り、生きれば。何かを得る事ができる筈だ」

私が最後の言葉を言い終えると、今までとは比較にならない音が弾ける。
彼は俯いたまま、打ちつけた拳を戻すと、何も言わず外へと駆けて行った。

















音が無くなった世界に、ただ一人私のみが残った。
空を見上げる。
そこには昔と変わらない、青白い光を放つ月が見える。

ただ違うのは、見る者の心の内のみ。

瞳を閉じ、胸に手を当て、祈る。





例えどのような道であれ、誇る事のできる自分であらんことを。






前へ / 戻る /  次へ